スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←プレステ・ジョアンの国 黄金城砦都市へ →プレステ・ジョアンの国 熱砂の青いサソリ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 大航海小説
もくじ  3kaku_s_L.png 冒険関係
もくじ  3kaku_s_L.png 報告
もくじ  3kaku_s_L.png 南蛮貿易
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

大航海小説

プレステ・ジョアンの国 内地の恵み

 ←プレステ・ジョアンの国 黄金城砦都市へ →プレステ・ジョアンの国 熱砂の青いサソリ
主な登場人物:ルシオラ→本編の主人公。やたら海賊に絡まれる可哀そうな冒険者。

ムッツリーノ(ニコラ)→ルシオラの副官で、参謀を務める。経験豊富な錬金術師見習い。

ブラドー(ランスロット)→ルシオラの副官で第二番艦の船長。直情タイプだが、いいヤツ。

名倉たち(船員)→いつも長距離航海に付き合わされる可哀そうな船員たち。


イエルワを経った一行は、一路北西のトンブクトゥを目指した。800㌔という行程を徒歩で踏破するわけにもいかず、ラクダを使っての移動だったが、25日で中間地点に当たるティラベリ村に至った。

しかし、ティラベリ村は廃墟と化しており、補給の見込みは薄かった。しかも、ところどころに三日月のついた謎の紋章をたびたび目にすることになった。

「なんだこりゃ?ハーフムーンばっかりじゃねぇか。食料はねぇのかよ」
不機嫌そうに話すブラドー。

「この状況を考えてみろ。むしろ食料があったら警戒すべきだぞ」
冷静に状況を分析するムッソリーニ。

この二人の副官。それぞれに特技を持っており、ルシオラの稼業を支えるニ柱であることに違いはないが、ここにきて、アフリカ文化圏に詳しい人材がいないということに、ルシオラは一抹の不安を抱えていた。

「マニュアにそのまま同行していただいた方が良かったかもしれませんねぇ…」
ため息交じりにルシオラは顎に手をあてた。

「それに大反対したのはムッツと船長だぜ?俺が賛成してたんだからその通りにしておけばよかったものを」
得意げに語るブラドー。もちろん悪意はない。

「あなたが言うこともたまには正しい助言となりうる、ということを学んだ気分です」
笑みをこぼしながら、付近の植物に目をやるルシオラ。

すると…

「しばらく、甘いものには苦労しないかもしれませんよ?」

よくよく見ると、辺り一面蜂が飛んでいる。しかも蜜蜂系の小さな蜂だ。この辺なら蜜壺が見つかるのではというルシオラの提案から、付近を捜索してみることにしたのである。

昼前から昼下がりになるまで、懸命に探しまわった結果、約ニヶ月分は確保できたであろう、蜂蜜を荷台の壺に入れ替えながら、作業は夕刻まで続いた。

しかし、依然食料らしきものは見つからず、前途は多難であった。

「うーん、私のこれまでの知識をフル活用しても活用できそうな植物かどうかがわかりかねますね。こういう場合はいっそ、口に入れるのが一番かもしれませんね」

とにかく食料は確保したいが、同時に水も必要である。付近の植物や木々を調べつくしてみることになった。


三日後…


コーヒーの実、サトウキビ、赤豆、ココナツなど付近をくまなく探してみると、食べられるものは意外にも多く、村近辺に見当たらなかったというだけであった。豆などの貴重な蛋白源を見つけた時の名倉一行は口々にこういったという…

「もう虫の幼虫を食わなくて済むんや~~~っ!」

と。

補給を済ませた一行は、再びトンブクトゥ目指して北上することになった。
予測ではあと一ヶ月もあれば現地に到着することができる。一行は胸を弾ませた。

「化け物もでねぇし、なんだかんだで飯や水は見つかるし!俺たちは神のご加護があるからなんだな。イエス様に感謝しねぇとバチがあたっちまうぜ」

「そうだそうだ!俺たちは熱心なカトリック教徒なんだ。きっと神様がこの先も何とかしてくれるさ!」

などと、楽観的な発言を繰り返している名倉だが、士気はこうして上がっていくものだとルシオラ自身考えていた。

「まぁでも実際あれこれ考えるのは我々なんですけどね」
ブラドーやムッツリーノに顔を合わせ、やや苦笑しながら歩を進めていった。

それから31日後、大幅な遅れもなく目的地トンブクトゥへ到着した。

後のルシオラが記した航海日誌には、1518年10月12日の出来事と記されていた。

もくじ  3kaku_s_L.png 大航海小説
もくじ  3kaku_s_L.png 冒険関係
もくじ  3kaku_s_L.png 報告
もくじ  3kaku_s_L.png 南蛮貿易

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
【プレステ・ジョアンの国 黄金城砦都市へ】へ  【プレステ・ジョアンの国 熱砂の青いサソリ】へ

INDEX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。